読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

early October

ある日突然アイドルにはまったおばさんの記録

おばちゃんが突然KAT-TUNに落ちるまで

中学高校と洋楽ブーム、邦楽ブーム、バンドブームの時代。

好きだったのはハノイロックス、レッドウォーリアーズ、スライダーズにデビルス。

レッズ(Red Warriors)といえば今はバラエティでも有名なユカイくんのいたバンド。

スライダーズ(The Street Sliders)は堂本兄弟に出演していたギタリスト、土屋公平さん(蘭丸、蘭ちゃん)のいたバンド。

 

いやまさかユカイくんが中居くんやKAT-TUNと共演してる未来なんて予想だにしませんでしたよね。

「こんな女じゃ○ちゃしねえ」とか歌ってた人ですよ。

そして私はあんまり意味もわからず(おぼこなティーンネイジャーだったもので)歌ってましたよね。

 

まあそんな青春を過ごしました。

その後結婚前まではJリーグに通ってました。(妊娠して行けなくなりましてそのまま行かなくなりました)

子どもと一緒に見た特撮ヒーローにはまって後楽園に通いました。

その中で一番好きだった役者さんの出た映画を見たら、劇中バンドの曲が、ハノイHanoi Rocks)の何かの曲に似てるな、と気付き、youtubeで探してみました。どれだっけ?って。

そこで再結成していたこと、これからも来日することなどを知り一気にはまっていったわけです。

中学生の時にレコード(CDですらない)を買ってましたが、当時は自分が幼かったのと、解散直前もしくは直後だった為追いかけることはなかったんです。

二度の来日公演をおっかけまくり、そしてまたハノイは解散してしまいました。

 

それからまたまたyoutubeメガマソに出会います。

涼平さんを女の子だと思って、え、可愛いな、うまいな、え、男の人なの?あたりから。

さらにSuGに出会います。ここから音源を集めるまでに進化。

でもV系って今まで私が知ってたバンドとは全然違うので、またファン層も若くてライブに行く勇気は出ないまま。いわゆる音源ファンにとどまりました。

さらにしばらくして、Blu-BiLLioNに出会います。

最初はwith meのPVから。あら可愛い人だわ、どれどれ、とね。

voミケさんのクリスタルクリアなハイトーンボイス、飾ることないまっすぐなメッセージ、気性が荒く初対面の人からまず最初に怖がられ、なんでもネガティブな方向から入る私のねじくれた心に、まっすぐにまっすぐに、ドスーーーンと入って来ました。

ミケさんの歌うような歌詞を歌う歌手なんてそれまで40年ほどの人生で、何人も何人も見て来たし、それらに心打たれることなんて一度もありませんでした。

お決まりの陳腐なセリフ程度にしか感じたことはありません。(私がひねくれてるからであり歌や歌手のせいではありません)。

 

これはもう、歌の力。

ミケさんの、歌手としての、歌の力が私を素直にさせる、私の心に素直に響かせるのだと。

 

私にはもう一人好きな歌手がいます。

21くらいの時にCHARAさんに出会いました。

当時スライダーズなどを見ていたので、同じレーベル(当時)の彼女の曲もテレビなどで聞く機会がありました。

最初は、は?なんじゃこりゃ?と思ってました。嫌悪感すら抱きました。

でも、気になって気になって気になって気になって仕方ないんです。

気付けば当時出ていた二枚のアルバムを買っていました(当時はもうCD)。

もうその頃には彼女の歌のとりこでした。

 

好きなバンドは数あれど、好きな歌手、愛してると言える歌手はCHARAさんただ一人でした。

 

CHARAさんはご自身で作詞されることがほとんどですが(近年は作曲もほぼご自身ですが)歌詞カードだけ見ても大体意味はわかりません。感覚的で、言葉でわかる歌詞ではありません。

だけど、彼女が彼女の声で彼女の歌を歌うと、心にすとんと入って来るんです。理屈ではなく、ハートですべてを感じるんです。

そんな力を持った歌手は、私にとってはCHARAさんただ一人でした。

こんな力を持った歌手が他にいるなんて思っていなかった。

 

ミケさんとCHARAさん、歌い方やジャンルは全然違いますが、同じように、歌うことによって、すべてが伝わる、そんな歌を歌う二人の歌手。

この二人が私の生涯愛するたった二人の歌手になりました。

 

かくしてとうとう勇気を出して初めてのV系のライブにも足を運ぶようになります。

これからも通うでしょう。

 

 

 

そして2014年の暮れ頃から、私は中居くんが気になりだします。

実は中居くんは、25歳くらい(中居くんは23歳くらい)の頃から好きでした。

いわゆる茶の間のゆるーい奴ですが、テレビに出てるのを偶然みたら嬉しいくらいの感じで。

でも、中居くんが出てるからこのドラマ見よう、くらいの好き度はもってました。

きっかけは、何かの真面目なトーク番組(徹子の部屋かそれに似た奴)に出てた時の話を聞いて、まあーなんて健気ないい子なのかしら!と思ったのが始まりで。

(ドラマの出演が内定してたのに直前で覆された、でも腐らなかったみたいな内容でした)

正直アイドルには全然興味がなかったので、ジャニーズでいったら誰が好き?なんて世間話になった時に、中居くん!って言っとけば困らないな、くらいの感覚でした。

 

それが、2014年後半から、中居くんをおっかけたいなーって気分になり、テレビの出演番組を追いかけ、さらにまたまたyoutubeで、過去の中居くんの出演番組を見まくっていました。

よく見てたのが、うたばん。

ちなみに私がyoutubeで見ていたそれらの番組がやっていた当時、私は既に結婚していて子どもがおり、子ども番組程度しか見ていませんでした。

特撮番組も、子どもが成長するにつれ見なくなり、(子どもや夫は見てましたが)私自身はまったくテレビを見なくなりました。

 

そう、KAT-TUNがデビューした頃には、もうほとんどテレビは見てなかったんですね。

流行りのCMすらわからない状況です。

何を見てたかというと、主にレンタルで海外ドラマを(PCで再生して)見てました。

その時期とハノイ再結成おっかけが重なる為、そこから海外ドラマを教材に、英語を独学で学び始め、今は日常会話程度はほぼ問題なく聞き取れるくらいにはなりました。

30過ぎても語学はどうにかならないことはない、という余談。(当時まだ30代でした)

 

そんな私が、中居くんを追っかける中で、うたばんでゲスト出演していた、KAT-TUNを知るわけです。

この頃、ジャニーズで知ってるのはぎりぎり嵐くらいまで。

嵐もニノと松潤しか名前と顔が一致しない、一応全員顔はわかる、程度でした。

KAT-TUNも、亀梨くんは知ってる、赤西くんが辞めたのは知ってる、田中聖くんが辞めたのもなんか聞いたな、程度で、残りのメンバーは顔も名前も知りませんでした。

曲もReal Faceはわかるけど、他はテレビを見てない=ドラマの主題歌すらわからないので何も知らない、あーなんとなくきいたことあるかもー?って曲がちらほらある程度。

お薦め動画で出て来るCartoonKAT-TUNが面白くて、次、次、と見ていく間に、ある感情が芽生えます。

 

「上田くんの髪型が可愛い。この髪型になりたい」(※甘栗のことです)

 

私は美容院に行きません。髪はそれまでも全部自分で切ったり染めたりしてました。

ゆえに、当然ずっとロングヘアでした。美容師ではありませんので、しかも器用でもないので、自分でやる以上ロングにしてる以外の選択肢などないのです。

しかもずっと染めてるので、(しかもご自宅カラーで)髪はいいだけ傷み切ってるし、今更美容院なんて、どうやって行ったらいいかもわからないレベル。

ショートにするなんてとんでもないことです。だって、自分でやるんですから(それでも美容院に行くという選択肢は私にはありません、理由は割愛しますが)。

でも、したい、どうーーしてもこの髪型にしたい。

そして、とうとうやってしまいます。自分で切り始めます。

器用ではありませんが、私は幼いころから絵を描くことが好きだったので、描く為には構造を正しく把握することが大切ということを知っていました。知ってれば描けるからです。

なので、上田くんの髪型が一体どのような構造になっているのかというのを、動画や写真をあさりまくり、滅茶苦茶研究しました。

構造を知っていれば絵に描けると知っていた私には、構造が分かればセルフカットでも出来るという謎の自信がありました。

美容師の技術はなくとも、頭皮のどの部分から生えてる髪がどこに流れていて、その髪をどの程度の長さにすればいい、ということが分かれば同じ髪型になるはずだ、と。

見まくり研究しまくり、構造を把握した!と思った時に、実行に移しました。

一回ではうまくいかず、何ヶ月もかけ微調整を繰り返し(気になったらすぐ自分で切ったり)allbymyselfのショートヘアも慣れたものになりました。

 

 

ただし、癖毛だしそもそも顔が違うしド素人のセルフカットにセルフセットなので、結局上田くんのような可愛い甘栗には一度もなれていないのですけどねw

まあそれなりに自分の気に入る髪型には出来ています。

 

 

そんな甘栗になりたいという欲望から研究しまくっているうちに、気付いたら引き返せない程の上田担になっていました。あれ?

自分でもどこからこんなにはまったのかのきっかけがよくわからないです。

よく、○○出の○○担というようですが、自分が何出なのかわかりません^^;

しいていえば婚活!出かな?

婚活!の頃はテレビを既に見てなかったので、中居くんドラマであるに関わらず見てなくて。

で、これも結局youtubeで見たんですが、おそらくその頃には中居くんを見ることよりも、上田くんを見ることを楽しみにしてた気がします。

 

 

そして2015年上旬、当時はSMAPのFCに入ろう(コンサートに行きたい)と思ってたのですが、スマコンは二年ごとで、その年にはないと聞いたので、では先にKAT-TUNに入ろうかな、なんて思ってました。

が、家庭の事情により、3月末からにかけて、FC入るだのコンサートだのと言ってられる状況ではなくなってしまいました。

その為、FC加入を延期し、コンサートの申込も諦めたのですが…、春を過ぎて問題が解決し、日程的にはコンサートに行ける状況になりました。

でも、もうその頃には今更FCに入っても9uarterの申込には間に合いませんでした。

まあしょうがないな、今回は、と思っていたところです。

TwitterKAT-TUNファンの方々をフォローする様になっていたのですが、そこで一般売りの抽選申し込みがあることを知ったのです。

ジャニーズのコンサートなんて、FCに入らなきゃ取れない、一般抽選なんて絶対当らない、と聞いていたし、まあ、どうせ当らないだろうけどダメ元で申し込んでみようかな、なんて思って、申し込んだんです。

本当に、当たるなんてこれっぽっちも思っていなかったんです。

 

 

 

あたっちゃった!!

 

 

 

 

 

ええええええ!!あたっちゃったああああ??!!

 

 

 

 

一応2日間の最終日よりは初日のほうが当たる確率が高いかなあ?なんて思って5/9を申し込んでたので、5/9に初めてKAT-TUNライブ、初めてアイドルコンサートを経験してきたわけです。

 

半世紀近くアイドルに無興味だったおばちゃんの、アイドルファン体験の始まりです。